虫歯(う蝕)・インプラントのアフターケア・咬む力、その他色々のこと。

歯の質の関係で、どうしても虫歯になりやすい方もいらっしゃいます。そんな場合、小さな虫歯のうちに早期発見・早期治療を行えば、大ごとにならずに済みます。ご心配な方はご相談ください。


当院では「インプラントのアフターケア」のご相談を行っています。インプラントも使っているうちに「インプラント周囲炎」という病気になることがあります。これは「インプラントの歯周病」です。インプラントを埋めた周りの歯茎はかなり特殊な環境になるため、天然の歯の10倍は管理しないと「せっかくのインプラントが腫れて痛い」ということになりかねません。


「インプラントを入れた後、引っ越してしまってケアをしていない」といった方はご連絡いただければ嬉しいです。


かつて「虫歯で歯を抜く」ことが圧倒的に多い時代がありました。今は「歯周病で歯を抜く」時代だと言われてずいぶん経ちます。でも歯周病もだいぶコントロールされてくると「歯茎がだめになって歯を抜く」時代も終わる日が来るのではないでしょうか?


その次に来るのは「咬む力で歯を割って、歯を抜く」もしくは「咬む力で歯を支える骨をだめにして、歯そのものを抜く羽目になる」時代になると思います。当院では、「咬む力は決して馬鹿にしてはならない大きな因子」考えています。もとから咬む力が大きい方、ストレスでどうしても歯ぎしりをしてしまう方など、様々なパターンがあります。咬む力のコントロールも重要な治療方法になります。「どうも調子が悪い、虫歯かな?」と思っても、実際には咬む力で調子が悪くなっていることもあります。


一度、「口の中の調子が悪いのは虫歯が原因」と言う考えから離れてみてはいかがでしょうか。


「虫歯」「歯周病」を中心に「入れ歯・かぶせ物」「咬む力」「インプラント」などについて書いてきましたが、お口の中の病気は他にもいっぱいあります。粘膜の病気(口腔外科の領域)・歯並び(矯正治療の領域)など、何か気になることがありましたら、いつでも聞いてください。場合によっては、専門の先生のご判断を仰ぎつつ、対処します。

【紹介医療機関】
講道館ビル歯科・口腔外科(文京区春日)
坂本矯正歯科クリニック(千代田区神田駿河台)